株式会社ビジョナリーボード

経営ビジョン実現サポートの株式会社ビジョナリーボード / 経営革新等支援機関

トップバナー

HOME ≫ VB Projects ≫

ビジョナリーボードの活動 
Our Projects

ビジョナリーボードの活動
ビジョナリーボードは、「自然と人(Natural Capital & Human Capital)」、「持続可能性(Sustainability)」をテーマとして、自社単独事業の他、提携等による新興国や国内ベンチャー企業の育成事業、発展途上国における貧困削減支援事業など、様々なプロジェクトを推進・支援しています。

VB 太陽光発電所
VB Photovoltaic Power Plant

VB太陽光発電所
自社保有の太陽光のミニ発電所を千葉県山武郡に建設し、IPP (Independent Power Producer)事業者として、再生可能エネルギーによる発電事業を行っています。
①VB太陽光1号発電所
②VB太陽光2号発電所
③VB太陽光3号発電所
発電出力は、3基合計146.88kw/hで、年間想定発電量は約183,500kw、約50世帯相当分の発電量となり、CO2排出量換算で年間約101トン(2ℓペットボトル約2,570万本相当分)の削減に寄与することを想定しています。

VB オーガニック・ペッパー農園
VB Organic Pepper Plantation

VBオーガニック・ペッパー農園
カンボジアの現地法人との合弁(ジョイント・ベンチャー)による農業生産法人を設立し、オーガニック・ペッパーの農園事業を行っています。
農園のあるカンボジア・カンポット州で厳しいガイドラインに沿って有機栽培されるカンポット・ペッパーは、WTO(世界貿易機構)の地域特産品(Geographic Indication)に指定されています。
完全有機農法で、肥料は牛とコウモリの糞のみ、支柱はジャングルにある特定の硬木が使われ、ツタを結び付ける紐は木の皮、日陰を作る日除けも椰子の葉が利用されるなど徹底管理されることで、「カンポット・ペッパー」ブランドとして認証されます。農園規模は、約15ヘクタール (約37acre、約45,400坪、東京ドーム3.2個分相当)で、現地の雇用の創出にも寄与しています。

VB マイクロファイナンス
VB Microfinance

VBマイクロファイナンス
マイクロファイナンス・ファンドへの出資を通じて、発展途上国における貧困削減を支援しています。マイクロファイナンスは、貧困者向けの「小口(マイクロ)金融(ファイナンス)」の総称で、マイクロファイナンス機関が、貧困者にお金を貸すことで、彼らの自立をサポートし、貧困の削減という社会的課題の解決に貢献できるしくみです。
2006年にノーベル平和賞を受賞したグラミン銀行(バングラディッシュ)など、発展途上国に多くのマイクロファイナンス機関が存在しています。発展途上国では、月収が100USD(約10,000円)に満たない貧困層を抱えている国が多く、仮に、 1,000USD(約100,000円)を期間3年間で、 100USD(半年単位・1人当たり)を自立支援に使用した場合、約60人の自立支援に役立つことになります。
株式会社ビジョナリーボード
☎050-6864-6949 〒225-0011横浜市青葉区あざみ野4-3-13-103

Mobile Site

Visionary Board Co., Ltd.スマホサイトQRコード

Visionary Board Co., Ltd.モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!